MatildaTravelの日記

旅行や旅に関することをなんでも書いています!

【海外旅行】リトアニア・カウナスの旅

リトアニアの首都・ヴィルニュスに引き続き、カウナスという街をレポートします!

前回までのヴィルニュスの記事もぜひみてくださいね!

 

www.matildatravel.info

www.matildatravel.info

 

ヴィルニュスカウナス

f:id:MatildaTravel:20200405133847j:plain

首都ヴィルニュスから、電車で直接アクセスできます。筆者は夕方遅めの電車で向かいました。以下の電車予約サイトからチケットを予約できますよ!

 

リトアニアの電車は大きくて広々しています。

f:id:MatildaTravel:20200405133850j:plain

夜のカウナス駅です。ライトアップされていて綺麗ですね!

一泊だけでとても短いですが、「Magnus Hotel」というホテルに滞在しました。

リーズナブルで清潔なホテルでした。

 

カウナス

f:id:MatildaTravel:20200405133910j:plain

駅前もしくはホテル前から、46番バスに乗ると直接行けますよ!「Kauno pilis」というバス停で降りてすぐです!

f:id:MatildaTravel:20200405133914j:plain

#KAUNASのロゴが置いてありました。手前にある銅像はなんなんでしょうか笑

f:id:MatildaTravel:20200405133918j:plain

カウナス城が見えてきました。想像していたよりも大きく迫力がありますね。

f:id:MatildaTravel:20200405133923j:plain

橋を渡ると、お城に到着です!

f:id:MatildaTravel:20200405133927j:plain

城ですが、カッコいいというよりもかわいい形ですね〜

f:id:MatildaTravel:20200405133930j:plain

なんの銅像でしょうか。知識があまりないのでわかりませんが、カッコいいですね!

f:id:MatildaTravel:20200405133936j:plain

教会も併設されているようです。リトアニアの教会はかわいいデザインのものが多いですね。

f:id:MatildaTravel:20200405133940j:plain

ぐるっとお城の周りを一周してみました。

カウナス城の全体を見渡せます。

正直、そこまで見るものはありませんが、のどかな雰囲気で歩くのには良い場所です!

ホテルに戻る際、杉原千畝の記念碑を見つけました。

f:id:MatildaTravel:20200405133943j:plain

カウナスはすごくこじんまりとした街です。正直、見るものはそんなに多くありません。今回の記事で紹介したものがほとんどになると思います笑

【海外旅行】リトアニア・ヴィルニュスの旅②

リトアニアはこじんまりとしていて、見るのにあまり時間がかかりません!今回は2回目の記事ですが、ヴィルニュスは最終回です。(早すぎますかね…)

前回のも併せてみてくださいね。

 

www.matildatravel.info

 

 

ゲディミナス城

朝、ホテルからの景色です。少し寒々しいですね。

f:id:MatildaTravel:20200405133317j:plain

起きたのが遅かったので、ホテルの窓からも見える中央駅でご飯を食べてみました。

f:id:MatildaTravel:20200405133321j:plain

中央駅にはレストランが一軒だけ入っており、そこに行ってみました。

豆のスープです。味が薄かったです笑

f:id:MatildaTravel:20200405133325j:plain

じゃがいものフライです。これは美味しかったです!

お腹も膨らんだところで、観光地に出かけました!

f:id:MatildaTravel:20200405133510j:plain

ホテルからバスに乗り、ゲディミナス城という場所に行ってみました。

小高い丘になっており、ケーブルカーか歩きで登れます!

f:id:MatildaTravel:20200405133517j:plain

筆者はケーブルカーを選びました!往復で500円ほどです。良心的価格ですね。

f:id:MatildaTravel:20200405133538j:plain

頂上に登る際、町が一望できます。

高層ビルも少し見えますね。

f:id:MatildaTravel:20200405133542j:plain

丘に上がると、塔のようなものがあります。

f:id:MatildaTravel:20200405133546j:plain

旧市街も一望できます。天気が晴れていればもっと良かったと思います〜

 

旧市街 

このお城を降りて少し歩くと、旧市街に着きます。

f:id:MatildaTravel:20200405133618j:plain

旧市街に向かう途中、大聖堂を見つけました。

f:id:MatildaTravel:20200405133622j:plain

この大聖堂も、ヴィルニュスの観光地になっているそうですよ。

地元の人もかなり利用しているそうです。

f:id:MatildaTravel:20200405133626j:plain

旧市街につきました。お土産屋がたくさん並んでいます。

ここの道沿いにあるお店は、正直他よりも高めに価格を設定していると思います。

観光地価格ですので、仕方ないですね〜

f:id:MatildaTravel:20200405133629j:plain

大学や教会、様々な建物があります。ただ歩くだけでも楽しいですね〜

旧市街自体はそんなに大きくなく、30分ほどあれば見終えることができますよ。

f:id:MatildaTravel:20200405133633j:plain

名前も見ずに、レストランに入ってみました。

ツェペリナイという、ひき肉をじゃがいもで包んだリトアニアの伝統料理を注文したら、大きさが凄くて驚きです!

添えてあるサワークリームとベーコンが絶妙にマッチしていて、美味しかったです!

 

ショッピングモール・アクロポリス

f:id:MatildaTravel:20200405133659j:plain

旧市街から、少し離れたアクロポリスというショッピングモールに向かいました。

f:id:MatildaTravel:20200405133709j:plain

とても巨大なショッピングモールで、まともにみたら何時間もかかります。。。

中身は結構普通の、特筆すべきことのない場所でした笑

f:id:MatildaTravel:20200405133719j:plain

ショッピングモールには、さまざまな飲食店やお土産の店、スーパーなどが入っています。マクドナルドもしっかりあります。

なぜかペッパー君もいましたよ!日本語は喋れないようですが・・・

ヴィルニュスの記事はこれで最後にはなりますが、次回はリトアニは第2の都市、カウナスに向かいますのでぜひチェックしてくださいね!

 

www.matildatravel.info

 

【海外旅行】リトアニア・ヴィルニュスの旅①

今回から、リトアニアヴィルニュスの記事をお届けします。2回に渡り書く予定ですので、ぜひみてくださいね。

 

 

ヴィルニュスの基本情報

国名:リトアニア(Lithuania)

都市名:ヴィルニュス(Vilnius)

通貨:ユーロ(記事作成時点で1ユーロ約117円)

概要:バルト三国の一角です。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、物価が安く、平和で食べ物も美味しい、隠れたオススメ旅行先の一つです!

 

アクセス

日本からの直行便はありません。ヨーロッパの都市から乗り継ぐのがベストです。フランクフルトやモスクワ、ヘルシンキなどが候補地ですね。また、ロシア・サンクトペテルブルクから電車でのアクセスなど、ヨーロッパ内からはたくさんの方法があります。

 

フライト・ホテル

今回筆者はロンドンからライアンエアーをつかいました。

f:id:MatildaTravel:20200404220910j:plain

空港はとてもこじんまりとしていますが、非常にわかりやすく良い空港だとおもいます。

f:id:MatildaTravel:20200404220932j:plain

建物はヨーロッパのクラシックなスタイルで、アットホームな感じがありますね。

市内へは、バスか鉄道です。

バスの場合、頻繁に出ているためスムーズで、88番バスに乗れば旧市街まで直接いけます。料金は1ユーロと、非常に安いですね!

電車の場合、空港から少し歩いたところに駅があります。ただし、あまり頻繁には出ていません。その分値段はさらに安く0.7ユーロです。さらに、中央駅まで8分ほどですよ!

f:id:MatildaTravel:20200404221040j:plain

筆者はバスに乗り、ビリニュス中央駅の近くで降りました。人口密度が低いのか、人はまばらです。

f:id:MatildaTravel:20200405133358j:plain

f:id:MatildaTravel:20200404221050j:plain

パノラマホテルという宿を予約しました。一泊5000円ほどで、朝食付きです。

ホテル内はとても清潔で、コストパフォーマンスは最高だとおもいます。

以下から予約可能ですよ。

www.expedia.co.jp

次回、観光地を紹介しますので、ぜひ見てくださいね!

【コラム】スクートのキャンセル方法

今回は、スクートのキャンセルについてまとめました。コロナウイルスの影響もあり、旅行をキャンセルする方も多いと思います。ぜひ参考にしてください。

ちなみに、中国南方航空中国東方航空中国国際航空のキャンセル方法は以下の記事にまとめています。

 

www.matildatravel.info

www.matildatravel.info

www.matildatravel.info

 

今回筆者も、予定していた台湾行きのスクートのフライトがキャンセルになりました…

色々なサイトを見ましたが、非常に情報が少なく苦労したため、記事にしてみました。

 

 

 

通常のキャンセル

まず、大前提として、キャンセルは不可です。LCCですので、当然と言えば当然かもしれません。ただし、スクートには独自のChange Your Flightという機能があります。

 

Change Your Flight

この機能は、一言で言えば公式転売です。

未使用の航空券を、元値以下の任意の値段で売り、買いたい人が見つかれば、その人に使用権を移して値段分のバウチャーをもらうことができます。注意したいのが、現金やクレジットカードでの払い戻しではないところです。あくまでバウチャーになります。

以下サイトからこの機能を利用することができます。

スクートのどのグループ会社のチケットを選択し、フライト情報を入力していきます。その後、チケットを販売する値段を入力する流れです。

www.changeyourflight.com

 

バウチャーとは?

バウチャーは、スクートでの航空券購入に使えます。逆を言えば、スクートのチケット予約以外には使えません。また、セール運賃のチケットには使えません。

もしバウチャーを用いる場合は、予約ページでバウチャーの番号を入力しましょう。

 

コロナウイルスの場合の特別対応

2020/3/15以前に予約し、旅程が5/31以前のチケットは、無料で変更もしくはバウチャーの形式で払い戻しができます。僕の場合、元の支払い方法(クレジットカード)への返金はできませんでした・・・正直、バウチャーでの払い戻しはやめて欲しいですが、記事作成時点(2020/4/4)ではこれが唯一の措置だそうです。

ちなみに、このバウチャーの有効期限は発行から一年です。

そもそもフライトがキャンセルになった場合、自動でバウチャー発行の処理がされます。そうでない場合、予約の確認画面から「Refund my ticket」ボタンをクリックします。

 

その他の例外対応

フライト自体が自然災害や航空会社の都合でキャンセルになった場合、払い戻しをする際もあるそうです。が、コロナウイルスの場合は先ほど書いたように、今のところバウチャーだけですね・・・

 

問合せ先

問合せは、電話もしくはメールもしくはFacebook Messengerです。

電話の場合、以下の電話番号です。

012 076 4034

日本語のサポートは平日の午前9時から午後9時、英語であれば24時間サポートです。しかし、コロナウイルスの影響で、記事作成時点ではクローズしています。

https://www.flyscoot.com/en/help/contact-us

 

メールの場合、以下のリンクから問合せましょう。

help.flyscoot.com

Facebookメッセンジャーは珍しいサポート方法ですが、チャット形式でできるのはいいですね。

www.facebook.com

 

まとめ

スクートは、原則払い戻しはされません。ただし、未使用の航空券を転売してバウチャーをもらったり、特別対応をしてもらえる場合もあります。いずれにせよ、航空券を購入前によく条件を確認し、最新ニュースをチェックすることが重要です。

ただし、ニュースページは全て英語です。。。

https://www.flyscoot.com/jp/announcements

 

ご質問などあれば、コメント欄でください!

【海外旅行】イギリス・ロンドンの旅⑤

ロンドンも今回で最終回です!

今までのバックナンバーは以下にありますので、ぜひみてくださいね。

 

www.matildatravel.info

www.matildatravel.info

www.matildatravel.info

www.matildatravel.info

 

 

グリニッジ天文台

教科書でも必ず習う、「グリニッジ天文台」、ご存知の方も多いと思います!

今回はそのグリニッジ天文台に行ってきました。ロンドンの郊外にあります。

 

f:id:MatildaTravel:20200403000353j:plain

ビクトリア駅

 

ロンドンブリッジ駅やビクトリア駅から「Southeastern サウスイースタン鉄道」がグリニッジ駅まで直通しています。

また、DLRでもアクセス可能です。

f:id:MatildaTravel:20200403000358j:plain

サウスイースタンの電車はメトロと違って広々としています!

f:id:MatildaTravel:20200403000424j:plain

駅から降りて、グリニッジ天文台がある公園の方に向かいます。

f:id:MatildaTravel:20200403000428j:plain

郊外ですが、おしゃれな店もたくさんありますね〜

f:id:MatildaTravel:20200403000445j:plain

10分ほど歩くと、公園が見えてきます。一見何もないようですが、ずっと進むと天文台があります。

f:id:MatildaTravel:20200403000449j:plain

これがグリニッジ天文台です!

f:id:MatildaTravel:20200403000453j:plain

クラシックな雰囲気ですね〜

敷地はかなり小さいので、迷うことは無いと思います。

入場料は£15、約2000円とかなり高額です。ロンドンでは仕方ありませんね…

オンラインで予約すると、1割引になるようですよ!

f:id:MatildaTravel:20200403000607j:plain

庭には、東西を分ける子午線が引いてあります。ちょうど0度、基準となるのがグリニッジです。様々な都市が記されていますね〜

f:id:MatildaTravel:20200403000611j:plain

建物内は博物館のようになっており、色々な種類の時計が展示されています。

f:id:MatildaTravel:20200403000614j:plain

最も有名な天文時計です。

 

ハイドパーク

f:id:MatildaTravel:20200403000617j:plain

この後はバスとメトロを乗り継いで、ハイドパークに向かいました。

f:id:MatildaTravel:20200403000621j:plain

ハイドパークに着くと急に天気が晴れ、公園はとても綺麗でした!上の建物は、ケンジントンパレスで、ダイアナ妃が住んでいたことが有名です。

f:id:MatildaTravel:20200403000625j:plain

ハイドパークは、ロンドンでも特に有名な公園で、市民の憩いの場になっています。

f:id:MatildaTravel:20200403000628j:plain

「The Orangery」という公園内のレストランに入ってみました。

f:id:MatildaTravel:20200403000632j:plain

アフタヌーンティーを頼んでみました。2人で10000円弱です。高級ホテルよりはリーズナブルに楽しめます。

店内は静かで、紅茶はお代わりし放題でした。おしゃれな雰囲気の中、とても落ち着いてアフタヌーンティーを楽しめるのですごくオススメです!

f:id:MatildaTravel:20200403000733j:plain

公園は食後のあとの散歩に良い雰囲気でした。

f:id:MatildaTravel:20200403000736j:plain

今回でロンドンの記事は最終回です。

筆者はこの後、ロンドンからリトアニアの首都・ビリニュスに向かいます!リトアニアの記事もぜひ見てくださいね。

 

【国内旅行】横浜・みなとみらい元町中華街の旅②

今回は元町・中華街エリアに行ってきました!

前回までのバックナンバーはこちらです。是非見て下さい!

 

www.matildatravel.info

 今回行ってきた山手町エリア、中華街エリアへのアクセスですが、みなとみらい線の終点駅、元町・中華街駅の出口とほぼ直結しています。山手町へはアメリカ山公園口、中華街へは中華街口から行きます。

 

www.mm21railway.co.jp

山手町エリア

最初に山手町に向かいます!いきなり「山手町」というお聞きに慣られない地名を出してしまったかもしれません笑 今回は元町エリアのすぐ隣にある山手町エリアがお目当の場所となります。元町エリアもショッピングエリアなどのお洒落なストリート街もあって魅力的ですが、横浜開港に馴染みの深い歴史ある山手町の方がオススメだと個人的には思っています!笑

f:id:MatildaTravel:20200401000832j:plain

山手町のある通りから撮った洋館の一枚です。ご覧の通り洋風感が満載ですよね!作りが洋式なんですね。このような感じで山手町には歴史の名残もあって洋風な建物や街並みがたくさん見られます!

 

f:id:MatildaTravel:20200401000842j:plain

こちらは横浜外国人墓地です。写真写りが悪くてすみません汗

二度目のペリー横浜港への来航の際、ある一人の水平士が艦隊機から誤って墜落して事故死してしまったのですが、その兵士を葬るために作られたのがこの墓地の起源です。その後、他の外国人死者もこの付近(現横浜外国人墓地)に葬られました。そのため、墓地の様式も西洋風がほとんどで、中にはEgyptが表記されたものまでありました。

もっと詳しく知りたい方は下記のサイトをご参考ください♫

www.yfgc-japan.com

 

f:id:MatildaTravel:20200401010453j:plain

次に向かった先は「港の見える丘公園」です!山下公園と並ぶ横浜市を代表する公園の一つです。

f:id:MatildaTravel:20200401000829j:plain

この公園の見所は、横浜レインボーブリッジをメインに横浜港 を見渡せる高台があることなんです!この日は生憎の雨だったのであまり綺麗には撮ることができませんでした汗

天気の良い日の夜景はこんな感じです!

f:id:MatildaTravel:20200401134405j:plain


綺麗ですよね♫ レインボーブリッジが際立っていて横浜港沿いの工場のライトも良い感じの照明になってくれています。

皆さんも山手町エリアを訪れた時には、この高台から横浜港の景色(できれば夜景ですね)を覗いてみることをオススメします!

 

 

中華街エリア

こちらは皆さんご存知の方も多いと思われますが、言わずも知れた横浜のチャイナタウンとも称されるエリアです!先述した港の見える丘公園から歩いて10分程でたどり着きます。

f:id:MatildaTravel:20200401001036j:plain

 中華料理店、雑貨店、寺院など、中国や台湾と見違える程のクオリティの街並みです。

横浜開港当初、それに伴って渡航してきた中国人商人が居住区として中華会館や中華学校を建てたのがこの街の始まりだったそうです。計画的に作ったのではなく、古くからの歴史の成り行きで作られていった街ということが伺えます。

  

f:id:MatildaTravel:20200401001024j:plain

こちらは横浜媽祖廟という寺院です。航海安全を護る女性の神様である「媽祖」が祀られています。ここではよく当たると評判の中国式おみくじもあり、女性に人気のスポットでもあるようです♫

外装の金箔感や赤、黄色がメインで配色されている感じなどから中華のモチーフが伝わってきますね。

f:id:MatildaTravel:20200401001014j:plain

このエリアはどこを切り取っても中華そのまんまなんです! 

たくさんのレストランと屋台があってどこに行こうか迷ってしまうほどです。

筆者のオススメは食べ放題のお店です。ここ中華街では、時間無制限で品数豊富の食べ放題で2000円程で食事ができるお店がたくさんあるんです!(コスパ重視みたいですいません笑)

今回行ったお店はこちらです!

tabelog.com

味はとっても美味しかったですよ♫ 食べ放題だと味の質などが気になる方もおられるかと思いますが、一般的なお店(高級料理店以外)と変わらなく美味しかったです!

f:id:MatildaTravel:20200401153136j:plain

やっぱり小籠包は中華の定番ですね

f:id:MatildaTravel:20200401001049j:plain

食事を終えて散策しているとこんな広場が!

ここは山下町公園というコンパクトな広場だそうです。入り口に飾られている狂犬の彫刻が魅力的でした。旅中に少し一息つくのには丁度良さそうですね。

 

f:id:MatildaTravel:20200401000851j:plain

 

さて、今回の横浜みなとみらい・元町中華街の旅はこれにておしまいです。帰り際に見る中華街の景色が恋しく感じてしまいます。

今回訪れた場所以外にも様々な魅力的なスポットがあります!それだけここみなとみらい・元町中華街は魅力的なエリアなんですね♫ 皆さんも訪れた際には、観光名所だけでなく、街の景色や雰囲気までも味わって見てくださいね!

【海外旅行】イギリス・ロンドンの旅④

前回に引き続き、イギリス・ロンドンの旅行記です!

これまでの記事も貼っておきますので、ぜひみてくださいね! 

www.matildatravel.info

www.matildatravel.info

www.matildatravel.info 

テート・モダン

 今日は主に美術館を中心に巡ろうと思います!

セントラル線の「St.Paul セントポール」駅でおります。

f:id:MatildaTravel:20200329173014j:plain

駅を出るとすぐ、セントポール大聖堂が見えます。

とても大きな教会で、街のシンボルの1つになっています。

セントポール教会から少し歩くと、「ミレニアム橋」がかかっています。

f:id:MatildaTravel:20200329173027j:plain

ミレニアム橋は、比較的最近架けられた橋で、対岸に渡ると現代美術館「テート・モダン」があります。

f:id:MatildaTravel:20200329173101j:plain

工場のような形をしていますが、美術館です!

実は、元々工場などとして使われた場所を再利用したらしいですよ。

だからこんな無骨な感じなんですね〜

f:id:MatildaTravel:20200329173109j:plain

六本木ヒルズにもあるあの有名な蜘蛛?が展示されています。

結構刺激の強い作品も多いので、子供づれの方は注意かもしれません・・・

f:id:MatildaTravel:20200329173305j:plain

・・・現代アートは難しいですね

素人でも楽しめる作品はたくさんありましたので、ぜひ訪れてみてくださいね。

館内にはカフェなどもあります。入場料はもちろん無料です!(ロンドンではほとんどの美術館が無料です)

 

自然史博物館

f:id:MatildaTravel:20200329173120j:plain

次は少し趣旨を変えて、自然史博物館に寄ってみました。

地下鉄ピカデリー線で、「South Kensington サウスケンジントン」駅から簡単にアクセスできます。

f:id:MatildaTravel:20200329173126j:plain

地球を模した?大きな入り口です。これだけでもワクワクしますね。

中は撮影禁止でしたので、写真などはありませんがあまり科学などに詳しくない人でも楽しめるような展示がたくさんありました。

 

ロンドン・アイ

f:id:MatildaTravel:20200329173321j:plain

夜は、連日訪れているロンドン・アイにやってきました。

今回は乗ろうと思います。

f:id:MatildaTravel:20200329173439j:plain

ロンドン・アイは結構高いです。

大人26ポンド(約4000円)、ファストパス36ポンド(約5500円)です・・・

インターネットで事前予約した場合、1割引となりますが、それでもかなり高価です。
f:id:MatildaTravel:20200329173358j:plain

ただ、その価値があるほど夜景はすごく綺麗でした。

中はこのように広いスペースになっており、iPadのような端末でどこに何が見えるかを調べられます。

f:id:MatildaTravel:20200329173343j:plain

ザ・シャードなどの高層ビルが見えます。ザ・シティの方角ですね。

f:id:MatildaTravel:20200329173414j:plain

もちろん、ビッグベンも見えます。実際はこれよりも近くに感じられ、迫力がありますよ!


f:id:MatildaTravel:20200329173500j:plain
ロンドン・アイからの景色だけにいえることではないですが、ロンドンは夜景が非常に綺麗です!みなさんも訪れた際には、ぜひ夜景をみてみてくださいね。

次回でロンドン編は最後です。ぜひみてくださいね!

 

www.matildatravel.info